ハタリブックスについて
2003年の12月1日開業の、とてもちいさな出版社/編集プロダクション
主に書籍の制作や編集をしたり、取材をしたり、雑誌や印刷物やウェブに文章を書いたりしています
ブックスという名前がついていながら、紙と無関係な仕事に関わることも多く、イベントなどの企画、
音楽関係のマネジメントやプロモーション、ケータリングサービス、ステージ上で踊ることもあります
ハタリブックスという屋号の由来は、ハワード・ホークス監督の映画『ハタリ!』から
エルザ・マルティネリが小象を連れて歩くシーンがとてもキュート(ヘンリー・マンシーニのナイスミュージック!)



ミスハタリについて
浅利芙美 Fumi Asari
文筆・編集・企画・いろいろ

フリーで映画関連の書籍編集や、記事執筆、取材、企画を行なっています
2009年12月まで東京在住。現在は大阪暮らし
出版以外のお仕事では、音楽関係の企画制作・レーベル運営、イベント運営など
トークショウ司会、ケータリングサービス、舞台で踊ることもときどき
さいきんのお仕事については こちら
持っている資格は、「食品衛生責任者」と「空手道初段(黒帯)」

1976年 札幌生まれ。紙と鉛筆と本が好きな子どもとして、文化系と体育会系の両方に足をつっこみながらすくすくと育つ
1993年 北海道新聞社主催「有島武郎青年文学賞」優秀賞(短篇小説)受賞
1994年 北海道新聞社主催「有島武郎青年文学賞」優秀賞(短篇小説)受賞
1999年 大学卒業後、東京都内の映画会社、次いで出版社勤務
カルチャー雑誌「STUDIO VOICE」の編集・広告企画営業に携わる
2003年 ハタリブックス立ち上げ。「座頭市映画手帖」を自費出版
コアな座頭市ファンのあいだで必携のガイドブックとして好評を博す
平岡正明氏の著作『大落語』(法政大学出版局)の中で、氏のお墨付きをいただく
2005年 5年間とすこし勤めた出版社を退社、フリー活動開始
2005年 「渋さ知らズオーケストラ」のヨーロッパツアーのブッキング/ロードマネージャーとして、約半年間のツアーに帯同
訪れた国はドイツ、スイス、オーストリア、ロシア、ウクライナ、オランダ、ベルギー、ポーランド、イタリアなど
ヨーロッパ各地のフェスティバルやライヴハウスを巡り、現地交渉やアーティストマネジメントなどの制作業務を担当する
2006年 平岡正明『平岡正明のDJ寄席』(愛育社)を編集・制作
2008年 「座頭市映画手帖 petit」を制作、出版


得意なジャンル
映画(座頭市、007、時代劇、ヒロインがかわいい作品) 旅 鉄道 女の子モノ 音楽 町と散歩 家事 家庭科


ご連絡先
経歴やプロフィール詳細、お仕事のご相談などはメールでどうそ

(☆を@にかえて送信してください)



さいきんのお仕事



そのほか ハタリのこと


とくにすきな映画
マキノ雅弘 『次郎長三国志』(東宝)
三隅研次 『座頭市地獄旅』
エミール・クストリッツァ 『アンダーグラウンド』
フランソワ・トリュフォー 『アメリカの夜』
イグナシオ・アグエロ『100人の子供たちが列車を待っている』



とくにすきな本

内田百 『阿房列車』
武田泰淳 『目まいのする散歩』
三好銀 『三好さんとこの日曜日』
山田宏一『友よ 映画よ』




とくにすきな鉄道や列車
JR西日本 大糸線の非電化部分(南小谷〜糸魚川)
JR北海道 函館本線山線(長万部〜余市)
秋田内陸縦貫鉄道
キハ56 新幹線500系 スイス ベルニナ急行
日本じゅうにちらばっている保存車両 蒸気機関車D51


top page